ほうれい線

ほうれい線を消したい!効果的なほうれい線に効く化粧品はどれ?

ほうれい線はしわ?それともたるみ?

小鼻のわきから口角にかけてスーッと伸びるほうれい線。

 

なんと、ほうれい線が1cm伸びると見た目年齢が
6歳も老けて見える
そうです。

 

ほうれい線はシワと思われがちですが、実はたるみの一種

 

中には歯並びや骨格の影響で若いころからほうれい線が
目立つという人もいます。

 

この場合は、ほうれい線対策をしても改善はしません。

 

でも、ほとんどのほうれい線は加齢の影響が大きいんです。

 

加齢によるコラーゲンやエラスチンの減少で弾力を失った肌が重力に負けて下に垂れさがった結果、
ほうれい線はできるものなんです。


間違いだらけのほうれい線対策

一度できてしまったほうれい線を改善するのはなかなか難しいもの。

 

ほうれい線をなんとかしたい、と思ってやっていることが実は
ほうれい線をさらに目立たせる原因になっていることも…。

 

 美顔ローラーなどでせっせとマッサージをしている…。

 

 とにかく保湿重視!クリームをたっぷり塗っている…。

 

 化粧水や乳液を付けるときはほうれい線を引っぱるように
マッサージをしながら付けている…。

 

 

美顔ローラーというのは少なからずお肌に刺激を与えています。

 

刺激を受けた肌というのは自らのバリア機能を高めるために、角層を厚く積もらせてしまうんです。

 

その結果、お肌のターンオーバーが滞って、シワだけでなくシミの原因にもなってしまいます。

 

適度にお肌を刺激を与えるのは血行促進のためにもよいですが、やりすぎは禁物。

 

ほどほどにするようにしましょう。

 

 

また、ほうれい線というのはシワではなくたるみ。

 

たるみの原因はというと、加齢によるコラーゲンやエラスチンの減少です

 

お肌を保湿することはとても大切ですが、保湿をしてもコラーゲンやエラスチンは増えません

 

コラーゲンを増やす作用のある成分が配合された保湿化粧品を使うようにすれば完璧です。

 

お肌のコラーゲンは加齢以外にも、紫外線や外部刺激などで壊れてしまいます。

 

ほうれい線をなんとかしたいと思うあまり、肌をムリに引っぱったり叩いたりすると、
さらにコラーゲンを壊してしまうなんてことにも…。

 

美顔ローラー同様、自己流のマッサージはお肌にとってはマイナス要因になってしまいます。


ほうれい線の原因を知って解消する

ほうれい線を解消するには、皮膚のコラーゲンを増やす
ことが何よりも大切。

 

そのためには何よりもまず、今あるコラーゲンを減らさない
努力をすること。

 

 

コラーゲンは、加齢以外にも紫外線や活性酸素、肌の炎症など。

 

特に紫外線による影響は65%。

 

夏だけでなく、1年中紫外線対策を怠らないようにして下さい。

 

 

また、喫煙をすると体内のビタミンCが破壊されてしまいます。

 

ビタミンCはコラーゲンの生成に欠かせない成分なので、タバコを吸うとコラーゲンが生成されなくなります。

 

 

また、タバコは1本で100兆もの活性酸素を発生させるそうです。

 

活性酸素はコラーゲンの減少だけでなく様々な老化の要因にもなります。

 

タバコ以外にも、酸化した油や食品添加物なども活性酸素の原因となります。

 

また、ストレスや大気汚染など普通に生活をしていても活性酸素は生じてしまうので、
防げるものは極力防ぐ努力をした方がいいですね。

 

運動は健康に良いと思われてますが、激しすぎる運動は逆に活性酸素を生み出してしまうので、
注意が必要です。

 

 

お肌のお手入れは一生懸命やっているんだけど、髪の毛にはあまり気を使っていないわ、
という人も要注意ですよ。

 

顔と頭皮は繋がっているので、頭皮のたるみは顔のたるみにダイレクトに影響します。

 

ほうれい線が気になるという人は、シャンプーを見直してみたり、
ヘアトニックなどでお手入れをしてみるだけでもかなり違いますよ。


ほうれい線に効果的な化粧品を選ぶ3つのポイント

 コラーゲンを増やす作用のある成分が配合されている

 

コラーゲンドリンクやサプリメントを飲んだりするのも一つの方法ですが、
確実なのはコラーゲンを増やす働きのある成分が配合された化粧品を使うこと。

 

ビタミンC誘導体やレチノールなどの成分はコラーゲンを増やす働きがあるので、
これらの成分が配合された化粧品を選ぶようにしましょう。

 

 

 高すぎず安すぎず長く使い続けることができる価格設定

 

ニキビなどは比較的、化粧品の効果がわかりやすいのですが、ほうれい線を解消するには
かなり根気が必要です。

 

高価な化粧品を思い切って購入しても、その効果が実感できる前に使い終わってしまっては
意味がありません。

 

かと言って、安すぎる化粧品は成分に不安があります。

 

洗顔や化粧水の価格を抑えて、美容液や乳液は少し高価なものを使うなど、
自分なりに続けられる化粧品選びをすることが大切なポイントです。

 

 

 抗酸化成分が配合されている

 

ほうれい線の原因となるたるみだけでなく、シワの原因にもなるやっかいな活性酸素。

 

活性酸素対策としては、抗酸化作用のある成分を配合した化粧品を使うことが一番。

 

主な抗酸化成分は、リコピンやレスベラトロール、アスタキサンチンなど。

 

コラーゲンを増やす作用のあるビタミンC誘導体には抗酸化作用もあるので、
迷った時にはビタミンC誘導体が配合された化粧品を選んでおけばOK。

 

30代からのほうれい線対策化粧品 実体験から選んだベスト3は?

 

セルベスト リポコラージュ・ラメラエッセンス
お肌とほぼ同じ成分であるリン脂質でできたラメラナノカプセルに高分子生コラーゲンを巻き付けているので、スッとお肌に浸透して違いが実感できます。高分子コラーゲンですが、浸透力が高く、長くお肌に留まって、ハリと潤いを保ち続けてくれます。合成界面活性剤やパラベン、フェノキシエタノール、鉱物油や香料などは無添加なので、敏感なお肌にも安心して使うことができます。
価格 セット内容 お試し期間 返金保証
5,620円(税抜) 美容液、洗顔石鹸、化粧水 約30日

 

 


 

プラチナVCセラム
ビタミンC誘導体、ナイアシンアミド、先進ペプチド成分TGPなど、ほうれい線解消には欠かせない成分を高濃度に配合。お肌の内側と外側からしっかりと保湿。お肌に負担のかからない成分ばかりなので、敏感肌でも安心して使えるのも魅力的。
価格 セット内容 お試し期間 返金保証
1,500円(税抜) 美容液 約5日

 

 


 

ミューノアージュ
ノーベル賞受賞成分EGFやFGFなど7種類のペプチドを配合。アセチルヘキサペプチド-3は別名アルジルリン酸と呼ばれ、塗るボトックスとも言われています。東京ミッドタウン皮膚形成外科「ノアージュ」の院長が開発したドクターズコスメで、刺激が少なく敏感肌の人でも使用できます。
価格 セット内容 お試し期間 返金保証
1,620円(税込) 化粧水、クリーム、薬用美白美容液 約10日