カスピ海ヨーグルト 作り方

フジッコ カスピ海ヨーグルト種菌!手作りヨーグルトの作り方

フジッコ カスピ海ヨーグルト種菌!手作りヨーグルトの作り方

 

フジッコの善玉菌のチカラ」という乳酸菌サプリを飲んでいたのですが、コレがとても良い。

 

お腹がスッキリするだけじゃなく、特別なことは何もしていないのに体重がストンと3キロ減ったんですね。

 

善玉菌のチカラと同じ乳酸菌「クレモリス菌FC株」が含まれているのがカスピ海ヨーグルト。

 

カスピ海ヨーグルトと言えば、自宅で簡単に作れると昔流行りましたよね。

 

自宅でヨーグルトが作れれば、経済的だしいつでも食べることができる。

 

そこで、早速フジッコの公式サイトから「カスピ海ヨーグルト手作り用種菌セット」を購入しました。

 

 

IMG_6475_02

 

カスピ海ヨーグルト種菌セットは封筒で届きました。

 

「冷蔵とかじゃなくて大丈夫なの?」とあまりの無防備さにちょっぴり心配。

 

内容はカスピ海ヨーグルト種菌セットに、カスピ海ヨーグルトガイドブックととてもシンプル。

 

確かに、一度きりでは無く、種菌を植え継げば何度かヨーグルトを作ることができるので、
定期購入の必要もありません。(一応2カ月に1回の定期コースはあるようですが)

 

「特にヨーグルトにこだわりが無い」「カスピ海ヨーグルトが好き」であれば、
絶対に自分で作った方が経済的だしヘルシーですよね。

 

 

IMG_6495_02

 

カスピ海ヨーグルト手作り用種菌セットは定期券サイズの紙ケースに入っています。

 

3g×2包なので、1回失敗してもチャンスが残されているのが嬉しい。

 

カスピ海ヨーグルトは種菌を植え継げばどんどん新しいヨーグルトが作れます。

 

しかし、半永久的にヨーグルトを作り続けることができるワケではないみたい。

 

種菌そのものが劣化したり、雑菌が混ざって衛生的にも良くないのだとか。

 

できれば毎月、最低でも季節ごとに種菌は新しいものに取り換えた方が良いそうです。

 

今回のカスピ海ヨーグルト手作り用種菌セットは2包入りですから、
2包を上手に使えば2カ月〜6カ月分のヨーグルトが作れるというワケですね。

 

 

IMG_6510_02

 

成分は、クレモリス菌以外にもアセトバクター菌、脱脂粉乳が配合されています。

 

アセトバクター菌自体は特に身体に良い働きをするといったことは無いみたい。

 

ただ、アセトバクター菌は酸素を好む菌で空気と触れあっているところに集まって層を作るのだとか。

 

一方で、クレモリス菌は酸素を嫌う菌とのこと。

 

ヨーグルトを作る上で、アセトバクター菌がちょうどフタの役割を果たして、
クレモリス菌が酸素に触れないようにしてくれているのだそうです。

 

なるほど、アセトバクター菌のおかげで、クレモリス菌がヨーグルト作りに専念できるというワケですね。

 

 

IMG_6550

 

カスピ海ヨーグルトを作るコツが紹介されていました。

 

カスピ海ヨーグルト作りに最適な温度は30度前後とのこと。

 

季節によって多少の差はありますが、種菌を植え継いで作った際にはだいたい6時間〜48時間で
ヨーグルトが出来上がるそうです。

 

粉末種菌から作成した際にはもうちょっと時間がかかって、24時間〜72時間かかるのだとか。

 

うっかり「固まっていない、失敗した!」と勘違いして捨ててしまわないよう要注意です。

 

 

IMG_6675

 

カスピ海ヨーグルト手作り用種菌セットの種菌は1袋3g。

 

この3gで約500mlの牛乳をヨーグルトにすることができるそうです。

 

そこからさらに種菌を取り除けば、だいたいスーパーに大容器で売っている市販のヨーグルトと
同じ分量でしょうか。

 

1Lの牛乳で大容器のヨーグルト2パック分ですから、ヨーグルトを購入するよりは若干おトクといったところ。

 

毎朝欠かさずヨーグルトを食べているのであれば、かなり便利かも。

 

 

IMG_6685_02

 

種菌セットの個包装の袋の裏側には簡単な作り方が書かれています。

 

必要なものは「種菌セット」「未開封の牛乳500ml」、さらにヨーグルトを作るための容器とスプーン。

 

カスピ海ヨーグルトは牛乳の表面と容器のフタの間に2cmの空間があれば良いそうです。

 

めちゃめちゃ大きなビンを用意しなくても、コーヒーの空き瓶などを再利用しても良いかもしれません。

 

 

IMG_6730

 

手作り種菌セットはサラサラとした粒子の細かいパウダーです。

 

スキムミルクのような甘いミルクの香りがします。

 

成分に脱脂粉乳が配合されていたので、その香りかもしれません。

 

 

IMG_6810

 

種菌セットにヨーグルト容器、常温(25℃前後)に戻しておいた牛乳を準備。

 

ヨーグルト容器はあらかじめ熱湯消毒しておきます。

 

特に手に入りにくい材料も無いので、ズボラな私でも「おっ、作ってみよう」と
気軽に試せるところが良いです。

 

しかも2包セットなので、一度失敗しても再チャレンジできるのが嬉しい。

 

 

IMG_6820_02

 

一点だけ注意したいのは牛乳。

 

低脂肪乳や低温殺菌牛乳、乳飲料では作ることができないので要注意です。

 

一見、牛乳っぽいですが、明治ラブや毎日骨太なども乳飲料なのでヨーグルト作りには不向き。

 

低温殺菌のパスチャライズ牛乳などは、ヨーグルトを作れないことは無いと思いますが、
常温に長時間放置するのは危険かな?と思います。

 

乳脂肪分は3.6%以上あれば良いそうなので、特濃牛乳などは問題無く作れそうです。

 

「濃厚なヨーグルトが好き」という場合には特濃牛乳で作っても良いかもしれません。

 

 

IMG_6910

 

500mlの牛乳に種菌3gを投入。

 

本来は、牛乳250mlに種菌を投入して、よく混ぜてからさらに250mlの牛乳を追加するのが
正しい作り方みたい……。

 

早速、間違えてしまいました。

 

でも、混ぜてしまえば一緒じゃないのかな?

 

 

IMG_7010_02

 

サラサラとした顆粒だったのでスグに溶けるかとおもいきや、けっこうダマになって残っています。

 

確かに、牛乳を2回に分けて注いだ方が良かったかも。

 

しかし、念入りにぐるぐると混ぜていると、ダマもなくなりました。

 

あとは固まるのを待つだけです。

 

 

IMG_7055_02

 

特にコレといった注意事項はないのですが、「必ずフタをすること」とのこと。

 

しかし、「密閉したら菌が窒息してしまうのでは?」と心配になります。

 

カスピ海ヨーグルトのクレモリス菌は牛乳の表面とフタの間に2cmの空間があれば発行できるとのこと。

 

逆に、ティッシュなどでフタをしてしまうと雑菌が入ってあまり良くないんだそうです。

 

あと、「容器はゆすらないで下さい」とのこと。

 

「固まったかな?」と、思いっきり揺すってしまいましたよ……。

 

しかも、全然固まっていませんでした。

 

 

IMG_7197_02

 

24時間後の状態です。

 

けっこう雑に作ったのですが、プルプルに固まってちゃんとヨーグルトになっています。

 

ちょうど、涼しい日が続いたので、気温的にもベストタイミングだったのかも。

 

ヨーグルト作りを始めるのであれば、真夏・真冬よりも春・秋の気温の穏やかな時の方が
成功率が高いかもしれません。

 

 

IMG_7317

 

引き続き、カスピ海ヨーグルトを作る際は、種菌を別途取り除いておかなければいけません。

 

表面が空気に触れていない部分のヨーグルトを大さじ3、取り除きます。

 

煮沸消毒した密閉容器に移しておけば冷蔵庫で約1週間保存可能です。

 

ヨーグルトを作る際は粉末種菌と同様に、500mlの牛乳に混ぜて、
常温で放置すれば6時間から48時間で完成。

 

粉末種菌よりも早いタイミングでヨーグルトができます。

 

 

IMG_7327

 

種菌を取り除いた後のヨーグルトはそのまま食べることができます。

 

匂いを嗅いでみましたが、まぎれもなくヨーグルトです。

 

細かい作り方の注意点などはありますが、結構アバウトに作っても
それなりにちゃんとヨーグルトになってくれるもの。

 

複雑な手順も無いので、簡単に作れるところも嬉しい。

 

これなら普段、料理などをしない男性でも簡単に作れるのではないでしょうか。

 

 

IMG_7392

 

とは言え、「本当にカスピ海ヨーグルトができてるの?牛乳が発酵してるだけじゃないの?」という疑惑も。

 

しかし、スプーンですくうと、カスピ海ヨーグルトの特徴である粘りがちゃんとあります。

 

カスピ海ヨーグルトはこの粘りのおかげで、乳酸菌が胃酸で消化されずに
生きたまま腸まで届くことができるのだとか。

 

さらに、この粘りには食物繊維同様の働きがあり、腸内の老廃物を排出する働きもあるそう。

 

他にもカスピ海ヨーグルトに含まれるクレモリス菌には美肌効果やダイエット効果、
免疫力アップや生活習慣病などにも良いそうです。

 

実際に食べてみると、市販のヨーグルトよりも酸味が控え目でまろやか。

 

健康に良いものってあまり美味しくないというのが定説ですが、カスピ海ヨーグルトは美味しい。

 

私はだいたい牛乳500ml分のヨーグルトを3日で完食。

 

カスピ海ヨーグルトを食べていると、やはりお腹の調子がとても良く、スッキリ感が全然違う!

 

もちろん、その人の体質との相性もあると思いますが、食べてスグに効果が実感できるので、
「また作ろう」というモチベーション維持にも繋がります。

 

 

IMG_6495_02

 

<<総合評価>>※私が実際に使ってみて感じた個人的な評価です(5点満点)

 

食べやすさ:★★★
即効性:★★★★★
コストパフォーマンス:★★★★
満足度:★★★★★

 

 

⇒⇒⇒ カスピ海ヨーグルト手作り用種菌セットを試してみる!【最大5%オフ&送料無料&特典付き】