乾燥肌

顔の乾燥肌を治す方法!かゆみを軽減するお手入れ・効果的な化粧品は?

そもそも乾燥肌ってどういう状態?

カサカサ、つっぱる、粉がふく…

 

一口に乾燥肌といっても様々な症状があります。

 

そもそも人間の肌は角質細胞間脂質と呼ばれる保湿物質が
角質細胞の水分の蒸発を防いでくれています。

 

この保湿物質の生産量は年齢とともに減少するので、
加齢とともに乾燥しやすいお肌になってしまいます。

 

 

角層には肌を外部刺激から保護するバリア機能があるのですが、
水分が蒸発することによって、この機能が損なわれた状態が
乾燥肌になります。

 

お肌を家に例えるなら、カギ(角質細胞間脂質)が壊れて、ドア(角層)が開け放たれた状態。

 

乾燥肌を放っておくと様々なトラブル肌の原因になるというのも納得です。


間違いだらけの乾燥肌対策

乾燥に不可欠なのはなんといっても保湿。

 

だけど、保湿の仕方を間違えてしまうと、
かえってお肌の乾燥を進行
させてしまうということにも…。

 

 乾燥したら、スプレー式の天然水を顔にかける…。

 

 美容成分たっぷりのシートマスクでケアしてる…。

 

 毎日お風呂には30分以上浸かるようにしている…。

 

 

スプレー式の化粧水はお手軽で良いのですが、あまりおすすめできません。

 

化粧水が乾く時にお肌の水分まで一緒に奪ってしまうからです。

 

 

シートマスクも使用後はお肌がしっとりとしていて保湿された気がしますが、これは一時的な現象。

 

また、表示された時間以上にシートマスクを顔に乗せていると、かえって乾燥してしまったり、
顔がかぶれてしまう
こともあるので絶対にやめましょう。

 

 

お風呂は美容に良いと思われがちですが、実は入浴中は細胞のセラミドがお湯に流れ出して、
さらに乾燥を促してしまいます

 

ぬるめのお湯に10分〜15分ぐらい浸かるのが理想的な入浴時間です。


乾燥肌の原因を知って予防する

乾燥の原因は年齢とともに減少する角層の水分量。

 

だけど、何気ない毎日の習慣が乾燥の原因になっている
ということもあります。

 

お肌にとって一番最悪なのがタバコ

 

タバコは含まれるニコチンには血管収縮作用がある上、
血行が悪くなり、肌の乾燥の原因にもなります。

 

 

同様に、血管収縮作用のあるカフェインを含む
コーヒーや紅茶を頻繁に飲むという人も、
飲み過ぎに注意して下さい。

 

 

また、日焼け止めは夏だけしかつけない、という人も要注意。

 

紫外線は季節を問わずお肌を乾燥させます。

 

SPF値の低い日焼け止めを一年を通して塗るように心がけて下さい。

 

 

界面活性剤のたっぷり含まれているオイルクレンジングは細胞間脂質を溶かして
肌のバリア機能を破壊するので、乾燥肌の人は絶対に使わないでください。

 

乾燥が気になる時は、お肌に潤いをもたらしてくれるビタミンAを含む食材を積極的に食べると良いでしょう。

 

また、血行を促してくれる鉄分も効果的です。


乾燥肌に効果的な化粧品を選ぶ3つのポイント

 セラミドが配合されている

 

保湿成分といってもたくさんありますが、最強の保湿成分はセラミドです。

 

セラミドは本来人の肌に存在する物質ですが、年齢とともにセラミドは減少していきます

 

セラミド配合化粧品を選ぶ際には、人間の肌に近い組成かどうかが最大のポイント。

 

セラミド1,2,3が特に保水力に優れているので、これらのセラミドが配合された化粧品を
選ぶようにしましょう。

 

 

 低刺激で余計な成分が入っていない

 

乾燥肌というのはお肌のバリア機能が弱ってしまった状態とも言えます。

 

放置しておけば、あらゆる肌トラブルの原因になったり、敏感肌になってしまったりします。

 

なるべく着色料や合成界面活性剤、鉱物油などの添加物の入っていない化粧品を選ぶようにして下さい。

 

無添加と表示されてる化粧品もたくさんありますが、無添加の基準はメーカーによってまちまち

 

気になる成分がある場合はあらかじめインターネットなどで調べるか、
成分に見慣れないカタカナ表記の多い化粧品は避けるようにしましょう。

 

 

 安すぎる保湿化粧品を要注意

 

保湿化粧品や保湿クリームなどはドラッグストアやコンビニなどで手軽に購入することができます。

 

しかし、セラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸などの保湿成分は化粧品原料としては比較的高価なもの。

 

それらの成分が配合されているにもかかわらず、数百円程度で購入できる化粧品は、
有効成分がほとんど配合されていない
可能性もあります。

 

化粧品の成分は、配合量の多い順に記載されています。

 

パッケージの裏の成分を見て、有効成分が最後の方に記載されている場合は、
あまり配合されていないと考えた方がよさそうです。

 

セラミド配合化粧品なら単品価格が3000円以上のものを目安に選ぶようにしましょう。
(※トライアル価格は3,000円でもオッケー♪)

 

 

乾燥肌の人はとにかくお肌のバリア機能が弱って過敏になってしまいがち

 

保湿力はもちろんですが、お肌に優しい化粧品を選ぶことも大切。

 

「何を選べばいいのか分からない」と悩んだ時には、敏感肌用の保湿化粧品を選ぶ
ようにすれば、失敗が少ないですよ。

 

30代からの乾燥肌対策化粧品 実体験から選んだベスト3は?

 

メディプラスゲル
パラベン・フェノキシエタノール・アルコール・石油系界面活性剤・石油系乳化剤・合成香料・合成着色料・鉱物油・シリコン無添加で敏感肌にも安心。さらにミネラルを豊富に含んだ玉造温泉の温泉水を使用。フィッシュプラセンタが配合されており、もっちりと潤ったハリのあるお肌へと近づけます。オールインワンなので時短スキンケアが可能です。
価格 セット内容 お試し期間 返金保証
2,996円(税込) オールインワン美容ゲル 約60日 有(購入後30日以内)

 

 


 

ディセンシア つつむ
ヒト型ナノセラミドがセラミドの不足した角層に浸透して保水機能を高めてくれます。ディセンシア独自のヴァイタサイクルヴェールが水分の蒸発を防ぎ、お肌を外部刺激から保護してくれます。敏感肌でも使える低刺激化粧品なので、バリア機能の低下したお肌にも安心して使えます。”パワぷる肌”翌朝体験セットは14日分のトライアルで1,470円。
価格 セット内容 お試し期間 返金保証
1,470円(税込) クレンジング、洗顔石鹸、洗顔フォーム、ローション、フェイスクリーム3種、保湿クリーム、アヤナスローション、アヤナスクリーム 約14日 有(購入後30日以内)

 

 


 

小林製薬 ヒフミド
ソープ、ローション、クレンジング、UVミルク、クリームの全品にヒト型セラミドを配合。製薬会社ならではの品質と優しさにこだわった商品で、敏感肌でも安心して使うことができます。1週間のトライアルセット980円でさらに通販限定スパバッグももれなくもらえます。
価格 セット内容 お試し期間 返金保証
980円(税込) メイク落とし、洗顔ソープ、保湿化粧水、保湿クリーム、日焼け止め乳液、スパバッグ 約7日