大人アトピー治療

大人アトピーの原因とは?顔の症状を改善するスキンケアの選び方

そのカサカサ、大人アトピーかも…

アトピー性皮膚炎って子供がかかる病気で、
大人になるにつれて改善していくというイメージがありました。

 

最近では子供の頃はアトピー性皮膚炎を発症したことがないのに、
大人になって突然アトピーを発症する人がとても多いんです。

 

大人アトピーは原因が特定しにくく、治療しにくい
という厄介な特徴があります。

 

 肌がカサカサで、皮がむけて化粧水や乳液がしみる
 乾燥で肌が痒く、ポツポツと湿疹ができている
 しっかりと保湿をしてもカサカサが改善されない

 

顔やお肌がかゆいからといって、かけばかくほど、どんどん悪化します。

 

「単なる肌荒れ」「そのうち治るでしょ」といった軽い気持ちで放置せず
「これってもしかして…」と思ったら、まずは皮膚科の診療を受けるようにしましょう。

 

大人アトピーも早めに対処すれば、それだけ早く治すことができます。


大人アトピー、原因は何?

子供のアトピーと大人のアトピーでは原因と治療法が異なります。

 

実は、子供のアトピーの原因は大半がアレルギー。

 

大人アトピーもアレルギーが原因であることに変わりませんが、
そこにはちょっと複雑な因果関係が…。

 

毎日の何気ない生活習慣が大人アトピーの原因
になっていることもあります。

 

 

  大気汚染など汚れた空気

 

最近、中国から流れてくるPM2.5と呼ばれる汚染物質が問題になっています。

 

風に乗って流れてくるものは防ぎようが無いですが、その影響でアレルギー症状が出るという人もいます。

 

また、室内にいれば安心という訳でもなく、マンションやオフィス等の建物は気密性が高く造られています。

 

このような環境ではダニやほこりが発生しやすく、エアコンや空調に乗ってそれらのアレルゲンが
そっくりそのまままき散らされるという事態に…。

 

まずは皮膚科やアレルギー科へ行き、アレルギー血液検査をしてもらうと良いでしょう。

 

自分がどういう物質に対してアレルギーを持っているのかがわかるので、それによって、
ある程度自衛することが可能です。

 

 

  ストレスが多く不規則な生活習慣

 

仕事が忙しくて、充分な睡眠時間が確保できなかったり、食生活が乱れがちだったり…。

 

また、会社で働いていると苦手な上司や先輩、生意気な後輩など人間関係の悩みもつきません。

 

日常のストレスが身体の抵抗力や免疫力を低下させて、アレルギー症状を発症
させるということも大いに考えらえます。

 

とは言っても、会社で働いている以上、ストレスは防ぐことができません。

 

食生活や睡眠時間を見直したり、ストレスを発散できる趣味を持つと良いかもしれません。

 

 

  衣類の化学繊維や洗剤に含まれる化学物質

 

今、自分が着ている下着の素材が何だか分かりますか?

 

下着は直接肌と触れるものなので、生地の薄さや値段、デザインや機能性よりも重視したいのが「素材」。

 

アクリルやレーヨン、ポリエステルなどの化学繊維は、コットンやシルクなどの天然繊維に
比べると、吸湿性が悪く肌がかぶれやすいので、肌の弱い人は避けるべき素材。

 

また、洗濯時に柔軟剤を入れるという人も要注意。

 

柔軟剤の成分は洗濯機ですすいだ後も、衣服に残っています。

 

汗などで、柔軟剤に含まれる界面活性剤が溶けだす結果、直接肌に触れることになり、
肌の炎症や痒み、湿疹を引き起こす原因にもなります。

 

柔軟剤は本来、洗濯の際には必要の無いもの。

 

衣類の洗い上がりの気持ち良さや香りを重視して、お肌を傷めていては本末転倒です。

 

下着の素材を見直したり、柔軟剤を使わなくする、というだけでもだいぶ改善できると思います。

 

 

  乾燥による肌のバリア機能の低下

 

本来、人間の肌は花粉やその他のアレルゲンの刺激を受けたからといって、
すぐに症状が出るというものではありません。

 

それらの外部刺激から肌を保護してくれているのが「皮脂」。

 

ところが、この皮脂は年齢と共に分泌量が減ってゆきます。

 

でも、私たちの周りにはエアコンや化粧品、タバコや紫外線などあらゆる皮脂抑制要因
が取り巻いています。

 

バリア機能の低下した肌はアレルゲンの攻撃に弱く、アトピーなどのアレルギー症状が出やすくなります。

 

大人の肌トラブルを治す唯一の方法は「保湿」とも言われています。

 

勘違いしがちなのが「クリームによる保湿」。

 

油分には実はそれほど保湿力は無く、かえって肌が乾燥する場合もあります。

 

ハンドクリームのような油分の含まれたクリームを塗るよりも、
セラミドなどの保湿成分が配合された乳液などをたっぷり塗るようにしましょう。


自分でできる大人アトピーの対処法は?

成人アトピーかもと思ったらまずは皮膚科へ行く事が何よりも先決。

 

その上で、自分の生活や普段使っている日用品などを
見直していきましょう

 

 

まずは早寝早起きを心がけて、規則正しい生活を送る努力を
して下さい。

 

皮膚にトラブルが起きているということは、体の内側にも不調
があるということ。

 

ジャンクフードやインスタントフード、スナック菓子などは控え目に、
バランスの良い食生活を心掛けることが大切です。

 

ニンニク・ヨーグルト・納豆・かぼちゃ・鶏肉・大根など、免疫力をアップさせてくれる食材
積極的に食べると良いですよ。

 

 

お肌にトラブルがある時は、今使っている化粧品だけでは不安になってしまいがち。

 

ついつい「あれもこれも」と付けてしまいがちですが、これは全くの逆効果。

 

肌のバリア機能が低下している時は、ワセリンや低刺激のクリームなどで乾燥を防ぐ程度
とどめておきましょう。

 

メイクも軽くUVカット効果のあるパウダーをはたく程度にしておいて下さい。

 

 

身体に痒みがある時は、シャンプーやボディソープも低刺激のものに見直した方が良いです。

 

シャンプーやボディソープに含まれる界面活性剤は皮膚を乾燥させるので、
なるべく成分の優しいものを選ぶようにして下さい。

 

 

枕カバーや布団のシーツ、エアコンや空気清浄機のフィルターはこまめに掃除をする等、
面倒ですが頑張りましょう。

 

とは言え、あまり深刻に悩みすぎるのもかえってストレスになってしまい、これはこれで逆効果。

 

「いつもよりお手入れがラク♪お化粧品代もかからないしラッキー」ぐらいにゆる〜く考えて、
徐々に改善するようにして下さい。


大人のアトピー対策化粧品 実体験から選んだベスト3は?

 

もずの魔法石鹸+ローション
低刺激、高保湿にこだわりぬいた石鹸&ローション高分子フコイダンが配合されており、フコイダンに含まれる有効成分が潤いの保持と保護をしてくれます。合成界面活性剤・合成保存料不使用。使用後に簡単なアンケートがありますが、約7日分試せる960円モニターはかなり魅力的です。
価格 セット内容 お試し期間 返金保証
960円(税込) 石鹸、ローション2種、泡立てネット、アトピー読本 約7日

 

 


 

ディセンシア アヤナス
アトピー性皮膚炎でも使える大人の敏感肌用化粧品。ディセンシア独自のクリーム構造「ヴァイタサイクルヴェール」が肌を外部刺激から守ってくれます。一般的に、肌を保湿するのみのアトピー肌用化粧品が多い中、エイジングケアまでしてくれる優れもの。超敏感肌、大人アトピーだけどエイジングケアは諦めたくないという人には嬉しい化粧品です。
価格 セット内容 お試し期間 返金保証
1,480円(税込) 化粧水、美容液、クリーム、BBクリーム 約10日 有(購入後30日以内)

 

 


 

ホープスリリーフクリーム
オーストラリアでは魔法のクリームと呼ばれる保湿クリーム天然由来成分のみで副作用などの心配もなく、赤ちゃんから大人まで使用することができます。独特のニオイがあるのでその点は好き嫌いが分かれるかもしれません。
価格 セット内容 お試し期間 返金保証
3,780円(税込) スキンケアクリーム 患部に1日3、4回