成長ホルモン 分泌 促進

注射に頼らない成長ホルモン(HGH)の分泌促進法!副作用の心配なし

HGH(ヒト成長ホルモン)が老化を防止してくれる?

 

 体のラインが崩れてきた……。

 

 疲れがすぐに顔に出る……。

 

 風邪や体調不良をいつまでも引きずる……。

 

 

若いころはどうってことなかったことが年齢と共に思い通りにいかないことってありますよね。

 

若いころはたくさん食べても太らなかったのに、30代を過ぎてからは何も食べなくても太るようになったなんてことも……。

 

遺伝?それとも代謝が落ちたから?

 

 

 

実はこれら老化のカギを握ると言われているのが「成長ホルモン」

 

成長ホルモンというと、成長期にしか分泌されないというイメージがあります。

 

実は成長ホルモンは年齢に関係無く、一生分泌することは可能なんですって。

 

ただし、何もしなければ20代をピークに、成長ホルモンはどんどん減少していくのだとか。

 

30代になると、ピーク時のなんと1/4程度しか成長ホルモンは分泌されないんだそうです。

 

 

HGH(ヒト成長ホルモン)って実はこんなに凄かった

 

成長ホルモンというと真っ先に思い浮かぶのは「成長期に身長を伸ばしてくれる働きがある」ということ。

 

でも、実は成長ホルモンには身長を伸ばしてくれる以外にも、様々な美容効果があるんです。

 

女性にとって嬉しいのは肌のハリや弾力をアップしたり、バストアップにも成長ホルモンが関わっているんだそうです。

 

男性の場合は抜け毛を減らしたり、筋肉量をアップするというから、まさに若返りの特効薬といっても過言ではないかも。

 

他にも、疲労回復や眠りの質を高めてくれるなど、年齢と共に衰えてゆく体の様々な働きをサポートしてくれるのだとか。

 

 

 

成長ホルモンが最も分泌されるのは思春期前後。

 

その後は、何の対策もしなければ成長ホルモンはどんどん右肩下がりに減少する一方なんですって。

 

成長ホルモンがしっかりと分泌されれば、高級化粧品も美容ドリンクも敵わない、最強のエイジングケア対策とも言えそう。

 

事実、ハリウッド女優や海外セレブの間では、ヒト成長ホルモン注射が流行っているのだとか。

 

日本でもクリニックなどでヒト成長ホルモンを注射してもらうことは可能ですが、お値段が高いのがネック。

 

成長ホルモン注射は年間で400万円〜600万円もかかるそうですから、一般人にはとても手の出せる美容方法とは言えません。

 

 

意外と簡単、HGH(ヒト成長ホルモン)の分泌をさらに促進させる4つの方法

 

女性ホルモンは、一生のうちに分泌する量がほぼ決まっていて、スプーン1杯程度だそうです。

 

しかし、成長ホルモンは女性ホルモンのように量が決まってません。

 

年をとってからでも日ごろの生活習慣で成長ホルモンを分泌させることは可能なんですって。

 

 

 空腹時に食事をとる

 

 

成長ホルモンというのは満腹の状態ではあまり分泌されないのだとか。

 

普段からお腹が空く前に、おやつやソフトドリンクを口にしているという人は要注意。

 

ダイエットのためにも、お腹がグーッと鳴って、空腹を感じてから食事を摂ることを習慣にしたいですね。

 

空腹を感じると成長ホルモンの分泌だけでなく、サーチュイン遺伝子と呼ばれる長寿遺伝子も活性させてくれると言われています。

 

規則正しい時間に食事を食べることは、健康だけでなく美容のためにも良いことだったんですね。

 

ただし、低血糖の人は血糖値が下がり過ぎると危険なので、空腹を我慢し過ぎるのは避けた方が良いです。

 

 

 22時から深夜2時の4時間は寝る

 

 

成長ホルモンが最も分泌される時間帯は22時〜深夜2時

 

いわゆるお肌のゴールデンタイムと呼ばれるタイミングです。

 

この時間帯に睡眠しておけば、成長ホルモンの分泌を促すことができるのだとか。

 

22時までに布団に入るなんてムリ!というひともご安心を。

 

成長ホルモンは、眠りに就いて最初の深い眠りのタイミングで最も多く分泌されるのだそう。

 

短い時間でも質の高い睡眠を心がければOK。

 

 

 負荷の少ないスロトレを実施する

 

 

ダイエットというと有酸素運動が効果的というイメージがあります。

 

実は筋トレ等の無酸素運動は、成長ホルモンの分泌を促してくれるんだそうです。

 

筋トレを行うと、成長ホルモンの分泌を促進する乳酸が多く発生します。

 

おすすめなのは、軽い負荷で週2回〜3回行う「スロトレ」

 

スロトレは、スクワットや腕立て伏せ、腹筋などの際に、脚や腕を伸ばしきらず、ゆっくりな動きで筋肉に負荷をかけ続ける筋トレ方法です。

 

スロトレを行うと、筋肉は大きな負荷がかかっていると勘違いして乳酸を大量に分泌するんだとか。

 

その結果、なんと安静時の数100倍もの成長ホルモンが分泌されるんだそうです。

 

また、スロトレの後に有酸素運動を行うと成長ホルモンの分泌量がグンとアップするだけでなく、脂肪燃焼効果もアップしてダイエット効果もアップするんですって。

 

朝、出かける前にスロトレを行ってから出かければ一石二鳥ですね。

 

 

 アルギニンを積極的に摂取する

 

 

アミノ酸の一つであるアルギニンをご存知ですか?

 

アルギニンには成長ホルモンの分泌促進の作用があるそうです。

 

アルギニンを多く含む食材には高野豆腐や油揚げなどの大豆製品、肉類、魚介類、ナッツなど。

 

たっぷりの睡眠にバランスの良い食事、そして運動習慣。

 

成長ホルモンの分泌を促すには、規則正しい生活を送ることが大切とも言えそうですね。

 

 

HGH(ヒト成長ホルモン)はサプリメントでも摂取可能

 

成長ホルモンの分泌を促すために、日ごろの生活習慣に気を配ることはもちろん大切ですが、サプリを利用するというのも一つの方法。

 

ヒト成長ホルモン注射は高額ですが、サプリメントならリーズナブルに試すことができます。

 

「とても夜10時になんて眠れないわ」という人はサプリメントでサポートするのも良いかもしれません。

 

また、スロトレに加えてサプリメントを摂取すれば、さらに効果が期待できるかもしれませんね。

 

 

 

HGHサプリメントは錠剤タイプや粉末タイプなど様々なタイプがありますが、注目は舌下スプレー

 

HGHの微粒子が舌の裏側の粘膜からすばやく吸収されるというもの。

 

低身長の子供の治療にHGHを使用する際はまずこの舌下スプレーを試して、効果が無い場合は、注射へ移行することもあるそうです。

 

だけど、舌の裏から成長ホルモンって吸収されるの?という疑問もあります。

 

実は、成長ホルモンの舌下スプレーは医療機関でも取り入れられている方法なんですって。

 

 

HGH(ヒト成長ホルモン)舌下スプレー・サプリ 実体験から選んだベスト3は?

 

サプリンクス バイタルHGH(グロースホルモン)
米国の医師により開発された信頼できる成長ホルモンスプレー。医師による5カ月間の二重盲検査を行って、効果、効能が確認された世界で一番売れているHGHです。臨床実験では平均で131%も成長ホルモン値が上昇、注射タイプと同様の威力があるとして人気です。リーズナブルなお値段で続けやすいのも魅力です。
価格 内容量 1日の目安 お試し期間
3,180円(税込) 30ml 1日3回を目安に、1回あたり舌の下に2回スプレー 約30日

 

 


 

リニューアル パワー HGHスプレー(女性用)
ホメオパシーの原理にもとづき専門医が女性向けに開発したスプレータイプのヒト成長ホルモン補給サプリメント。HGH(成長ホルモン)を中心とし、女性ならではのリズムやボディライン、そして美容面をサポートする22種類もの栄養素を配合。アメリカからの配送ですが、1週間以内に届く素早い対応も嬉しい!
価格 内容量 1日の目安 お試し期間
4,030円(税込) 30ml 1日3回を目安に、1回あたり舌の下に2回スプレー 約30日

 

 


 

HGHデルタバランス
臨床抗老化医学の専門医師が開発した日本製のHGHサプリメント。HGHデルタバランスは含有成分が豊富。L-アルギニン L-グルタミン・L-リジン・L-トリプトファン・L-フェニルアラニンのアミノ酸を高含有。さらにトレハロースやビタミンCやビタミンB群、クエン酸、食物繊維の他、植物性ポリフェノールを配合。パウダー状でオレンジ風味なので飲みやすくなっています。
価格 内容量 1日の目安 お試し期間
9,396円(税込) 252g(6g×42包入り)  1日2包 約21日