目の下のクマをとる方法

目の下のクマをとる方法 色素沈着を化粧品で簡単な治す3つのポイント

目のクマの種類も原因も様々

 

青クマ、黒クマ、茶グマ

 

目のクマと言ってもなど様々な種類のくまがあります。

 

血行不良が原因で下まぶたを下に引っぱると薄くなるものは青くま。

 

むくみやたるみなど加齢によって現れて、上を向くと薄くなるものが黒くま。

 

目をこすったり、色素沈着が原因で引っぱっても、上を向いても変化がないものが茶くまになります。

 

 

 

目の周りは皮膚が薄い上に、皮脂線が無いので、乾燥しやすく、とてもデリケート

 

また、まぶたはメラノサイトの活動が盛んな部分なので、摩擦などで黒ずみしやすいんです。

 

 

間違いだらけの目のくま対策

 

目のくまをなんとかしたいと思ってやっていることが、実は目の下のクマをかえって目立たせることになってしまいます。

 

それこそパンダのような白黒な目に……。

 

 目の擦りすぎは禁物、アイメイクはササッと手早く落とす……。

 

 血行促進のためにアイクリームで目の周りをマッサージ……。

 

 フェイササイズを欠かさずに行っている……。

 

 

 

目の擦りすぎは禁物ですが、だからといってメイクがお肌に残ってしまうのはもっとダメ。

 

一番避けたいのは拭きとりタイプのクレンジングでササッと拭きとってしまうこと。

 

専用のリムーバーなどで丁寧にメイクオフすることを心がけて下さい。

 

 

 

また、自己流のマッサージはやり方を間違えるとクマがさらにひどくなるだけでなく、シワやシミ、たるみの原因にもなります。

 

目の周りの血行促進はツボをそっと押すなど、摩擦の少ない方法を試してみて下さい。

 

あと、フェイササイズは顔の筋肉を鍛える方法であって、お肌を若返らせる方法ではありません。

 

ムリにお肌を引っぱったり伸ばしたりすると、お肌のコラーゲンが壊れてしまい、シワやたるみの原因にもなるのでやすりぎは禁物です。

 

 

目のクマの原因を知って目のくまを予防する

 

毎日しっかりと睡眠をとって、目をこすらないように気を付けても、目の下のクマが気になる…目のくまが全然消えない……

 

一日中パソコンのモニターを見ているという人や、暇があればスマホを操作しているという人は要注意。

 

血行不良の一番の原因は眼精疲労

 

仕事中にはこまめに休憩をとるようにして、目を酷使するのは避けて下さい。

 

コンタクトレンズを装着している人も目が疲れやすく、クマができやすいので、目薬をこまめに刺したり、装着時間をきちんと守るようにしましょう。

 

 

 

また、タバコを常習的に吸う人やアルコールを飲む人はどうしても睡眠が浅くなりがち。

 

自分ではたっぷり寝たつもりでも慢性的な睡眠不足でクマができているということもあるので、一度見直してみて下さい。

 

日ごろから、濃い味付けの料理や塩分の濃い食事が多いという人も要注意。

 

 

 

黒クマの人は、むくみを抑えるだけでも目元の印象はだいぶ違いますよ。

 

青クマの人は、血液をサラサラにする葉酸と血行を促進する鉄分を積極的にとりましょう。

 

茶クマの人は、美白作用のあるビタミンCを一日数回に分けて補給することをオススメします。

 

 

目のくまに効果的な化粧品を選ぶ3つのポイント

 血行を促進するビタミンEが配合されている

 

 

青クマの原因は血行不良。

 

そこで、青クマ対策には血行を促進するビタミンEが配合された化粧品がおすすめです。

 

オリーブオイルやアルガンオイル、ホホバオイルなどはビタミンEを豊富に含んでいます。

 

これらのオイルでやさしく(絶対にこすらないように)、顔全体をマッサージするのもオススメです。

 

 

 コラーゲンを増やす作用のある成分が配合されている

 

 

黒グマの原因はむくみやたるみ。

 

加齢によるコラーゲンの減少によってたるみが生じるので、コラーゲンを増やしてあげる必要があります。

 

直接コラーゲンを塗るよりも、コラーゲンを生成する働きのある成分を補給する方がが効果的。

 

レチノールやビタミンC誘導体にはコラーゲンを生成する働きがあるので、これらが配合された化粧品を選ぶようにしましょう。

 

 

 AHAが配合された洗顔料

 

 

茶くまなどのように色素沈着が原因でクマになっている場合はピーリングが効果的です。

 

ピーリングといってもスクラブなどでお肌をこするものではなく、グリコール酸やフルーツ酸などの酸で角質を除去するタイプのものを選んで下さい。

 

スクラブやゴマージュなどで肌を摩擦するのは、かえって目のクマが酷くなるので絶対にやめて下さい。

 

洗顔石鹸にAHAと呼ばれるピーリング剤が配合されたものなら、肌への刺激も少なくピーリングできます。

 

 

30代からの目のクマ対策化粧品 実体験から選んだベスト3は?

 

北の快適工房 アイキララ
青クマ・茶クマ・黒クマなど全ての目のクマに対応したアイクリーム。自分のクマは何クマなのか良く分からないという人は、とりあえずこの美容クリームを使っておけば安心。小じわケア・むくみケア・ハリ感アップ・くすみ・色素沈着ケア・血行促進などマルチに対応。
価格 商品内容 容量 返金保証
2,980円(税別) アイクリーム 10g 有(購入後15日以内)

 

 


 

アテニア アイエクストラセラム
目元のむくみやたるみによる黒クマ、青クマの悩みにピッタリなのがアテニアのアイエクストラセラム。保湿、血行促進作用に加えて「塗るボトックス」とも呼ばれているマイオキシノールが目元の小じわやむくみを予防してくれます。
価格 商品内容 容量 返金保証
3,291円(税込) アイクリーム 15g

 

 


 

TREE 目元とまつ毛のご褒美
温めても解消しない茶クマの悩みにはビタミンC誘導体「APPS」が配合された目元とまつ毛のご褒美がおすすめです。商品名の通り目元ケアだけでなくまつ毛育毛までしてくれる優れもの。1本で目元の悩みをスッキリ解決してくれます。
価格 セット内容 お試し期間 返金保証
980円(税抜) アイクリーム 15g 有(購入後15日以内)

 

 


 

POLA(ポーラ)ホワイトショットSX
ポーラが開発した美白成分ルシノールに加えて、ビタミンC誘導体を配合した美白美容液。メラノサイトに狙いを定めて美白有効成分を届ける新処方で、メラニンの生成を抑制し、お肌が自ら美しくなるセルフクリア機能を高めます。安全性が高く、効果が期待できる美白美容液なので、色素沈着が原因の頑固な茶グマケアに最適。
価格 商品内容 容量 返金保証
7,020円(税込) 美白美容液 10g

 

 


 

プラチナVCセラム
ビタミンC誘導体、ナイアシンアミドなどコラーゲンを生成する働きのある美容成分に加えて、プラセンタ、アルブチン、植物性ホワイトコンプレックスなどくすみや色素沈着に働きかける成分を配合。先進ペプチド成分TGPがコラーゲンの生成を強力に誘導し、たるみ、くすみ、色素沈着といった目元の悩みにアプローチしてくれます。
価格 セット内容 お試し期間 返金保証
1,500円(税抜) 美容液 約5日

 

 

目のクマ 記事一覧

茶クマアイクリーム!市販のプチプラアイクリームおすすめランキング

・アイクリームで茶クマは解消するの?・生まれつきの茶クマも解消するの?・どれくらいアイクリームを使えば効果が実感できる?このページでは「茶クマ」に効果のある「アイクリーム」について詳しく書いています。茶クマに効果的なアイクリームをお探しの方や選び方に困っている方の参考になれば幸いです。

≫続きを読む

黒クマアイクリームランキング!市販&プチプラで一番おすすめは?

・アイクリームで黒クマは解消するの?・生まれつきの黒クマも解消するの?・どれくらいアイクリームを使えば効果が実感できる?このページでは「黒クマ」に効果のある「アイクリーム」について詳しく書いています。黒クマに効果的なアイクリームをお探しの方や選び方に困っている方の参考になれば幸いです。

≫続きを読む

【青クマアイクリーム】コンシーラーで隠す必要なし!おすすめ解消法

・本当に青クマが解消されるの?・色素沈着タイプの青クマにも有効?・どれくらい使えば青クマが消えるの?このページでは「青クマ」に効果のある「アイクリーム」について詳しく書いています。青クマに効果のあるアイクリームをお探しの方や選び方に困っている方の参考になれば幸いです。

≫続きを読む

ブルーベリーの栄養は美容に効果絶大!アントシアニンは抗酸化作用の効能もバツグン

ブルーベリーサプリ ブルーベリーサプリメントって本当にたくさんあって、そんなに良いのなら試してみようかな…、って思わず手が伸びそうになります。しかし、インターネットなどで検索して見ると結構出てくるのが「ブルーベリーが目に良いというのは根拠が無い」という言葉。一般的にはブルーベリーに含まれるアントシアニンと呼ばれるポリフ...

≫続きを読む