米肌 口コミ

米肌口コミ!ライスパワーno11コーセー米肌トライアルセットの感想

米肌口コミ!ライスパワーno11コーセー米肌トライアルセットの感想

 

保湿成分であるセラミドを産み出してくれる保湿化粧品、というのを見つけました。

 

コーセープロビジョン(KOSE PROVISION)の「米肌〜maihada」です。

 

セラミドというと保湿化粧品には決まって入っている保湿成分。

 

セラミドは本来、人間の肌に存在する成分ですが、加齢や肌環境によって減少してしまうんだとか。

 

「米肌」はそんなセラミドを「補う」のではなく「産み出す」という今までにない化粧品。

 

米肌 トライアルセットを早速試してみました。

 

 

 

米肌トライアルセットはクロネコメール便で届きました。

 

「PROVISION」とロゴの入ったシンプルなパッケージです。

 

ちなみに、PROVISIONはコーセー(KOSE)の通信販売限定化粧品を取り扱う会社名です。

 

 

 

米肌のお試しトライアルのセット内容は以下の通り。

 

・肌潤石鹸 15g
・肌潤化粧水 30ml
・肌潤クリーム 10g
・肌潤改善エッセンス 6回分
・肌潤ジェルクリーム 6回分
・肌潤化粧水マスク(非売品) 1回分
・米肌 商品のご案内冊子
・定期購入のご案内
・マイレージ制度の紹介
・その他、ご挨拶など

 

コンパクトな箱からは想像できないくらいかなり盛りだくさんな内容です。

 

これだけ充実の内容で1500円ってめちゃめちゃおトクな内容ですね。

 

 

 

米肌は濃紺ベースの落ち着いた大人っぽいデザインのパッケージで高級感があります。

 

若干、米肌のデザインやカラーが雪肌精や肌極と被る気がしなくもないです。

 

まあ、いずれの化粧品もコーセーブランドなので、当然と言えば当然かもしれません。

 

ちなみに肌極も米肌と同様にライスパワーNo.11を配合した化粧品ですが、
肌極は20代女性向けのラインで、米肌は30代以上以上の女性向けのラインです。

 

米肌とKOSEのロゴの間にはお米のデザインで中に「RICE POWER No.11」の文字が書かれています。

 

 

 

はじめに、肌潤石鹸です。

 

肌潤石鹸は白くて丸くてお餅みたいな石鹸です。

 

泡立てネット無しでもクリーミィな泡ができるそうです。

 

不器用な私は泡立てネットが無いとなかなか上手に泡立てることができないのですが、
そんな私でも果たして上手に泡立てることができるのでしょうか…。

 

 

 

この肌潤石鹸にももちろんライスパワーno11が配合されています。

 

他に、ビフィズス菌発酵エキスや大豆発酵エキスなどが配合された植物性100%の石鹸になっています。

 

濃密な泡で汚れを落としてくれることはもちろん、お肌のキメを整えてくれたり、
化粧水の浸透を良くするブースター効果まであるそうです。

 

石鹸の表面はサラサラとして粉を吹いたような感じで、見た目も触った感じもまさにお餅。

 

 

 

半信半疑ながら泡立てネットを使わずに泡だててみました。

 

さすがに泡立てネットを使ったほどではありませんが、キメの細かいクリーミィな泡がたっぷりできました。

 

見た感じはお餅のような石鹸ですが、実際に泡だててみるとけっこう硬くて大理石のようです。

 

お風呂場に置いてても溶けて無くなってしまうことも無さそうですよ。

 

洗顔後にすすぐと肌がキュッキュとした洗い上がりで、汚れがしっかり落ちているのが実感できます。

 

衝撃的だったのが洗顔後の肌、フェイスパウダーを叩いたみたいにサラサラすべすべ

 

かと言って、つっぱったり乾燥しているということはなく、もっちりと柔らかくて
まさにつきたてのお餅のような肌触り。

 

お肌が餅になるとは、恐るべしライスパワーNO.11の効果。

 

 

 

続いて、肌潤化粧水です。

 

高級車のボディのようなメタリックな濃紺のパッケージが大人の高級感を感じさせます。

 

肌潤化粧水にもライスパワーNo.11をはじめ、ビフィズス菌発酵エキスや大豆発酵エキス
が配合されています。

 

 

 

肌潤化粧水は無色透明のローションで匂いもほとんど感じません。

 

サラッとしていて水のように軽いテクスチャーです。

 

かすかにアルコールの匂いがしますが、気になるほどではありません。

 

 

 

見た感じにはコレといった特徴があまり無いのですが、付けてみてびっくり。

 

お肌にグングン吸い込まれて行く感じで、付けた瞬間からスーッと肌に浸透していきます。

 

化粧水の水分でお肌を湿らせているという感じではなく、細胞の一つ一つに水分が浸透する様なイメージ。

 

お肌が細胞レベルで潤っているといった感じでしょうか。

 

 

 

続いて、肌潤クリームです。

 

あまり厚みの無い丸いスリムなパッケージに入っています。

 

トライアルセットだけど、まいはだは一つ一つのパッケージのデザイン性が高くて、
持ってるだけで美意識の高い女性になった気分です。

 

 

 

肌潤クリームは眩しいくらい真っ白なクリームです。

 

匂いはほぼ無臭といっていいかもしれません。

 

 

 

コクのあるリッチなクリームでスパチュラですくうとしっかりと跡が残ります。

 

色と言い、固さと言い、ニベアクリームのような感じ。

 

 

 

コクのあるクリームなので肌なじみが悪そうなイメージがあったのですが、とても伸びが良いです。

 

伸ばした後も、白く残ることが無く、すぐに透明になってお肌になじみます。

 

また、想像していたほどベタベタ感もなく、肌にピッタリと密着している感じです。

 

もっとしつこい感じがするのかな?と思っていましたが、思ったよりも軽い使い心地です。

 

 

 

続いて、肌潤改善エッセンス

 

化粧水の後に使うスペシャルケアということなので、美容液のようなものでしょうか。

 

乾燥肌質を改善してくれるということなので、乾燥の気になる時に使うと良さそうです。

 

 

 

肌潤改善エッセンスは乳白色の柔らかい乳液状のトロリとした美容液です。

 

ライスパワーNo.11は全ての米肌のラインに配合されているのですが、
特に高濃度に配合されているのがこの肌潤改善エッセンス。

 

何やら白い澱が混じっていますが、それだけライスパワーNo.11成分が濃密ってことなんでしょうか?

 

米肌はラインを通して無香料・無着色なのですが、この肌潤改善エッセンスはかすかに
日本酒のようなお米の甘い香りがします。

 

 

 

肌潤改善エッセンスはサラッとした使い心地で、化粧水を付けた後のお肌にスーッと入っていきます。

 

気になっていた白いモロモロも伸ばすと、お肌に馴染んで分からなくなりました

 

使用後はお肌の水分量がアップしたのか、もっちりと柔らかくなった感じがします。

 

 

 

こちらは、肌潤ジェルクリーム

 

お肌の調子や気候に合わせて、肌潤クリームと肌潤ジェルクリームを使い分けると良いみたいです。

 

確かに、真夏など汗をかく季節はあまりクリームをベタベタ塗るのって抵抗ありますよね。

 

私の場合は脂浮きやテカリが気になるので、朝のお手入れはなるべく油分を控え目にしたいのですが、
そんな時に軽い使い心地のジェルクリームは助かります。

 

朝は肌潤ジェルクリームで軽めに仕上げて、夜は肌潤クリームでリッチに保湿する
といった使い方も良さそうです。

 

肌潤ジェルクリームは夜寝る前にたっぷり塗って寝ると、翌朝パック効果を実感できるので、
スペシャルケアとして使ってもいいかもしれません。

 

 

 

肌潤ジェルクリームは乳白色のプルンとしたテクスチャーで、肌潤改善エッセンスとよく似ています。

 

今回のサンプルは肌潤改善エッセンスと肌潤ジェルクリームのパウチがほぼ同じなので、
使う時に間違えないように気をつけないといけません。

 

匂いはほとんど無臭で、肌潤クリームに比べて水分量がたっぷり含まれている感じ。

 

 

 

肌潤クリームに比べると、肌潤ジェルクリームはスーッと軽く伸びてお肌になじませやすいです。

 

肌潤クリームはやはり「クリーム」感が強くて、お肌にぴったり密着して潤いを閉じ込めている感じ。

 

肌潤ジェルクリームはサラッとした付け心地で、しつこくないけれどしっかり潤いをキープ
してくれている感じがします。

 

お肌がしっかり保護されている感は肌潤クリームの方があるのですが、
付け心地重視なら肌潤ジェルクリームといったところでしょうか。

 

真冬などの乾燥する季節は、肌潤クリームの方が頼りになりそうですが、
普段使いなら肌潤ジェルクリームの方が使いやすそうかな、と個人的には思いました。

 

 

 

こちらは、非売品の肌潤化粧水マスク

 

米肌にはマイレージ制度があり、肌潤化粧水マスクは貯まったマイルと交換してもらえる特別な商品。

 

米肌のヘビーユーザーしか手に入れることのできない貴重なフェイスマスクです。

 

 

 

肌潤化粧水マスクの袋を開封してまず気になったのがアルコールの匂い

 

アルコールのキツいフェイスマスクって個人的にちょっと苦手なんだけど、大丈夫かな…。

 

あと、なんとなく化粧水が滴りそうなくらいヒタヒタに含まれているフェイスマスクを想像していたのですが、
米肌のフェイスマスクは案外普通です。

 

レストランとかで出てくる使い捨ての紙おしぼりぐらいの湿り度です。

 

 

 

ただ、肌潤化粧水マスクが優秀なのはこの大きさ。

 

かなり大きめのサイズに作られていて、ビッグフェイスの私でもしっかりフェイスラインまでカバー。

 

肌に乗せる時間は3分〜5分と短めなので、忙しい朝でも化粧水代わりにササッと使えると思います。

 

良いのか悪いのか、マスクに含まれる水分量もそれほど多くないので、
マスクに含まれる美容液や化粧水がツツツーと流れ落ちる心配もありません。

 

 

 

ちなみに、米肌のマイレージ制度で好感してもらえる商品というのがなかなか豪華なんです。

 

リップバームやハンドクリーム、UVミルクなど、かなり心が惹かれる商品があります。

 

また、定期購入の場合、初回お届け時には注文した商品をもう1品もらえるという、
なんだかよく分からないけど凄いサービスまであります。

 

例えば、定期購入で肌潤化粧水と肌潤石鹸と肌潤改善エッセンスを注文すると、
全く同じものがもう1セット届くということ。

 

つまり、初回は注文した商品が実質半額で購入できるってことですね。

 

「注文した商品をもう1品プレゼント」キャンペーンは定期購入の4回目、7回目、10回目にもあるそうです。

 

私は化粧品は定期購入派では無いんだけど、米肌の定期購入には正直かなり心が揺れ動いています。

 

 

 

米肌を実際に使用してみた感想は「化粧品会社の作る化粧品ってやっぱりスゴイ!」です。

 

私の場合、化粧品を付けた直後はお肌がしっとりとイイ感じに潤っていることが多いのですが、
時間とともに、肌がつっぱったり、脂ぎったりってことが多かったんですね。

 

それが、米肌だと夕方になってもお肌はしっとりとして水分と油分のバランスが良いのか、
脂浮きもほとんど気になりませんでした

 

私はいつも夕方になるとお化粧崩れして、自分でも「うわぁ、酷い顔」って思うことが多いんです。

 

だけど、米肌を使っている間はそれほどお化粧崩れが気にならず、
朝のコンディションがキープ
できている感じでした。

 

米肌を使うと、お肌の表面の水分量がアップしているというよりも、
細胞の一つ一つに潤いが満たされているといった感じ。

 

特に肌潤石鹸で洗顔した後はお肌がつするべ、この洗い上がりはやみつきになりそうです。

 

 

<<総合評価>>※私が実際に使ってみて感じた個人的な評価です(5点満点)

 

やさしさ:★★★
使い心地:★★★★
コストパフォーマンス:★★★★★
満足度:★★★★

 

 

⇒⇒⇒ 米肌トライアルセットを試してみる【通販限定】

 

 

 

 

コーセー アウェイクスキンケアトライアルセットはこちら